手品買い取り10年以上の実績
破格値の中古マジックグッツもあります!お見逃し無く!
ホーム | テーブルマジック > トランプ・カード<ほぼ新品>片腕のマジシャン、日本語字幕でじっくり「MAESTRO」
商品詳細
左手だけの片腕のマジシャン。氏独特の片手で行えるフォールスカット、ディーリングは両手のマジシャンをも凌駕します。

片手で行うので難しそう・・・確かに練習は必要ですが、この独特な動きは我々も取り入れることができる素晴らしいものです。

4巻セットで1巻は演技とインタビュー、これは映画並みのボリューム。
9歳のころに腕がなくなり、現在の83歳までプロマジシャン、マジックのアイディアやとらえ方、良い話が聞けます。

DISC 1


【AN EVENING WITH RENE LAVAND】

以下の作品をライブ形式で収録。

The Credential
片手で行うトライアンフ。巧妙です。


Ace, 2, 3, 4
ハートのA、2、3、4の4枚をデックから抜き出し、
裏向きでテーブルに並べます。
まず、4の上にデックを乗せるとトップら出現します。
3をデックのトップに乗せるとボトムから出現します。
2をデックの中央に混ぜ込み、おまじないをかけると、
トップから出現します。
そして、最後は、Aにデックを重ねると、中央から表向きで出現します。
さらに、もう一度行いますが、
今度は、この4枚はデックの中央に混ぜてしまい、
全く関係のない適当な4枚をテーブルに並べます。
この4枚を先程と同じ手順でデックに加えていくと、
トップ、ボトム、トップ、表向きで中央から、
A、2、3、4が出現します。
この現象を、もう一度行いますが、
不思議と4枚が出現してしまうのです。
これほどシンプルであるからこそ
不思議度が非常に引き立っています。


The Sonnet
上記の2作品を行った後のデックをそのまま使い、
さらに一度よく混ぜます。
その後、このデックを4つの山に分けます。
1つの山を見ると、不思議と、
ハートのA〜Kまでがそろって出現します。


Ambitious Card
観客に1枚を選んでもらい、表にサインをします。
そのカードをデックの中程に混ぜ込みますが、
毎回ありえない位置から出現します。
最後は、観客が指定した枚数目から出現します。


Three of Spades
観客1人に手伝ってもらいます。
1枚のカードを選んでもらい、おぼえてもらいます。
デックごと観客に渡し、よく混ぜてもらい、
ケースにしまいます。ケースにしまったデックを
演者のポケットにしまい、観客に覚えたカードを
答えてもらいます。
おまじないをかけたのち、演者ではなく観客が
ポケットに手を入れてみると・・・
覚えたカードのみが、ケースの外に出てきているのです!
もちろん、ポケットの中に何もないことを改めますので、
不思議です。


Why do the Colors Alternate
カードをリフルシャッフルし、その半分だけを使います。
表向きに広げると、当然赤と黒はバラバラで
かつ、交互(規則的)ではありません。
赤赤赤黒赤赤黒黒赤黒・・・のようにです。
しかし、少し時間をおくと、
全てが、赤と黒交互に並んでしまいます。
カードを揃えてまた時間をおくと、赤赤黒黒赤赤黒黒・・・と
赤と黒が2枚置きに並んでいるのです。
また時間をおくと、いつの間にか赤黒交互に戻っており、
また時間を置くと、今度は3枚置きになってしまうのです。
赤3枚と黒3枚だけで行っても、時間がたてば、
なぜか赤と黒が交互に!さらには観客が指定した通りの順に
カードの順番が変化してしまいます。
最後は、この半分のパケットをリフルシャッフルし、
よく混ぜるのですが、いつの間にか赤と黒は
半分は赤、半分は黒と言うように不思議と
分かれてしまうのです。


The Copla
赤数枚と黒数枚を使って行うフォロー・ザ・リーダー現象です。
面白いストーリーに合わせて演じています。


It Can't Be Done Any Slower
黒3枚、赤3枚のスポットカード6枚を使って行う
オイル・アンド・ウォーター。
非常にゆっくり公明正大に混ぜますが、
不思議と分離してしまいます。
怪しい動作全く感じません。
表向きでも行いますが
魔法のように分離してしまいます。
これぞ名人芸!と言っても過言ではありません!!


Calling the Cards
よく混ぜたデックから1枚ずつテーブルへ表向きに
配っていき、好きなタイミングで観客に
「ストップ!」と言ってもらいます。
ストップのかかったところのカードをめくる前に演者が
カードの名前を言うと、見事当たっています。
もう1度行いますが、ストップのかかったところのカードを
演者は表を見ずに言い当てることができるのです。
途中で観客がデックを混ぜて、その後枚数を指定します。
この状態でも、指定された枚数目のカードを、表を見ずに
見事に言い当ててしまいます。
その後、一度リフルシャッフルやカットを行います。
この状態で、トップから順に表向きにしていきますが、
めくる前に全てのカードを次々と言い当ててしまうのです!
また、出てきていないカードの名前を言った後に、
そのカードのところでカットして取り出したり、
観客の指定した枚数目をまたみごとに当ててしまうのです。


The Three Bread Crumbs



レネ・ラバンの代表作、「3つのパンくず」です。
コーヒーカップと3つのボール(パンくず)を使った
2インカップ、1インポケット現象です。
2つのボールは空のカップの中に、1つのボールは
ポケットの中にしまいます。
しかしおまじないをかけると、カップの中から
3つのボールが出てきます。
これを公明正大に何度も何度も行いますが、
不思議とカップに戻ってきてしまいます。
シンプルゆえに、非常に不思議です。
何度も不思議が起こり、最後は・・・!
レクチャーノートになっているほどの内容で、
知っていてもだまされてしまいます。
レネ・ラバン氏を知っていても知らなくても必見の作品です!!


Card in Wallet
サインカードの入った1組を観客自身によって
よく混ぜてもらいます。
演者はジャケットの内ポケットから、財布を取り出すと、
何と、中からサインカードが出現するのです。



【EXTRAS】

インタビュー 1
レネ・ラバンの名前由来とは?マジックを始めたきっかけは?
右手を失ったときは?・・・など、
演者としてのレネ・ラバンではなく、素顔のレネ・ラバンを
観ることができます。



ルイス・デ・マトスがなげかけた
「あなたの右腕となる人物はどなたですか?」という質問に
レネ・ラバンが語った答えとは。
インタビューを聞いていくにつれて
どんどん引き込まれていくことでしょう。
なぜマエストロというタイトルがつけられたのかを
あなたはきっと感じることができるはずです。


多くの苦労を重ねてきたレネ・ラバンは、すでに83歳。
重みのある言葉がこのインタビューには詰まっています。





Contrapunto (Featurette produced by Mago Migue)
ショート・フィルム。
映像編集を使って両手のあるレネ・ラバンの演技が
お楽しみいただけます。


Credits
クレジット。









DISC 2


【THREADS OF THE MARIONETTES】
DISC 1の全ての手順を詳細に解説しています。
レネ・ラバンが今まで大切にしてきた秘密を
観る者全てに託してくれます。
カメラアングルにもこだわって収録・編集されたレクチャーは、
最後まで目が離せなくなることでしょう。
レクチャーであるにもかかわらず、その1つ1つが
まさに芸術の域に達しています。
演者自身から語られるストーリーは物語のよう。
ぜひDISC 1 を楽しんだ後に、このDISC 2をご覧ください。

〜解説作品(DISC 1 の収録作品)〜
 The Credential
 Ace, 2, 3, 4
 The Sonnet
 Ambitious Card
 Three of Spades
 Why do the Colors Alternate
 The Copla
 It Can't Be Done Any Slower
 Calling the Cards
 The Three Bread Crumbs
 Card in Wallet

 



各作品で使用されている技法も丁寧にレクチャーしてくれています。
そしてなんといっても、The Three Bread Crumbsは必見です!





【EXTRAS】

インタビュー2
インタビュー1の続編という感じでしょうか。
幼少時代の話や、新しい弟子が来たときのアドバイス、
そして、スライディーニやカーディーにとの思い出など
今まで絶対に聞くことのできなかった
レネ・ラバン自身の歴史を、ルイス・デ・マトスが
じんわりじんわりと引き出していきます。
インタビュー1に引き続きこのインタビュー2も必見!

 




Rene at EMC2011
EMC2011での演技を収録。
字幕がついていますので、
EMCで分からなかったニュアンスも
はっきりと理解できるでしょう。


Credits
クレジット





DISC 3


【SIGNATURE COMPOSITIONS】

この中では、DISC 1, 2 で演じられていない
作品を演技解説しています。
どの作品も見ごたえたっぷりで、解説も丁寧で
大満足の内容です。


The Greek
4枚のジャックを示します。
一度4枚をまとめ、1枚ずつテーブルに並べていくと
1枚がダブルブランクになってしまいます。
再び集めて並べると、2枚目もダブルブランクに。
次々とダブルブランクに変化していき
最後には全てが真っ白な4枚になってしまうのです。
今度は、1枚ずつ印刷されていき、もとの4枚に戻ります。
片手だけで、行われるこの現象は
非常に不思議で、まさに魔法のようです。
非常に巧妙な手順に仕上がっています。


The Cumanes
レネ・ラバンテイストの片手で行う
バーノンの代表作「カッティング・エーセス」。
片手とは思えない鮮やかさです。
その後にクライマックスへとつながるもう1つの
ルーティンも非常に楽しめます。
2つの作品とも古典ですが、ぜひご覧ください。
解説では、デックのセットをアニメーション映像
を使って、カードの配置までを
非常に分かりやすく説明しており、理解するのに
一切の苦労を必要としません。


Gitano Antonio
スペインのカード(タロット風デザイン)で
スリーカードモンテを演じたのち、
1組を取り出し、4枚のAをテーブルの中央に裏向きで
置いておきます。デックを適当にカットして
別々の場所から4枚のカードを取り出します。
取り出した4枚を見ると、なぜかAに!
中央においてある4枚は、全く別のカードに変化しています。
この2つの手順を、深みのある口調で
ストリーに合わせて演じるのですが、映画のワンシーンを
見ているかのような印象をうけるでしょう。


Duel in the West
ガンマンとギャンブラーの対決の話をしながら
手順が進みます。4枚のAのうち1枚にサインをしてもらい、
4枚はボトムにおきます。
トップから4枚を配ると、なぜかボトムに置いたAが出現、
しかし、サインカードはいつの間にか別のカードに
変化してしまいます。
ではサインカードは・・・
ジャケットの内ポケットから財布を取り出し、
中を見ると、サインカードが出現します。
あっさりとトリックに引っ掛かってしまう程
ストーリーに聞き入ってしまうでしょう。


The Tijuano
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
デックに戻し、よくシャッフルし、トップにもボトムにも
ないことを示します。
そしてカットしたところから出現させるといいますが・・・
ストーリに合わせて手順が進み、最後は、
いつの間にか引いたカードが
ズボンのポケットに移動しています。
ホーミングカードですが、
エンディングで1回しか移動しません。
しかし、ストーリーの面白さで、その1回の飛行が
きちんとしたクライマックスとなっています。


Old Man River
ギャンブルのストリーに合わせて行う手順。
よく混ぜているのにもかかわらず、
手札を配ると、ストーリー通りの手札が出現し、常に勝ち続けます。


The Pygmalion
ストーリー性の強いワイルドカード。


Spanish Deck Routine
スペインのカード(タロット風デザイン)で行う
壮大な手順。現象が書ききれないため、
ぜひあなたの目で!!




【EXTRAS】
インタビュー3
ストーリー性のある作品が多いレネ・ラバン。
氏のストーリーはどこまでがフィクションで、どこまでが
実際のできごとなのか。このインタビューで語っています。
また、レネ・ラバンのステージでは、時に
涙してしまう人もいるほど。そんな氏は、一体
マジックによってどんな感情をもたらすと考えているのか。
インタビュー1、2に比べて時間は短めですが、
しっかりと、氏の考えを覗くことができるでしょう。






Backstage
フォトアルバム。
舞台裏の写真をスライド形式でご覧いただけます。


Credits
クレジット。







DISC 4


【PERSONAL TECHNIQUES】
この巻では、基本的に技法の解説が収録されています。
収録技法は以下です。


Fosco Shuffle
シンプルですが、非常に混ざったように見える
フォールス・ワンハンド・リフルシャッフル。


False Rlffle Shuffle
ワンハンドで行うフォールスシャッフル。
感覚的には、プルスルー・シャッフルを片手で行う感じです。


Partial Shuffle
一部分のみを混ぜる、リフルシャッフル。
もちろんワンハンドです。
トップ数枚のスタックを崩さずシャッフルが行えます。


Slip Cut
非常に実用的なスリップカット。
DISC 1 の中でも使用されていますが、
非常にシンプルなため、引っ掛かってしまいます。


False Cut
片手で行うフォールスカット。
手順中にも数回登場します。


False Deals
片手で行うセカンドディールの解説。
習得すれば実用的かもしれません。
続けてワンハンド・サード・ディールも
解説しています。


Turnover Change
テーブル上にある4枚の表向きのカードを取り上げ、
裏向きにします。この動作の中で、
4枚全てをすり替えてしまう技法。
これは、カーディシャンなら押さえておくと重宝
するかもしれません。


The Strike
ワンハンドボトムディールの一種。
手の甲が上になるよう手首を返してディールする
特殊な方法ですが、非常にラフな感じがあり
技法自体を欺く特徴があるでしょう。


Card Palming
左手でテーブルにあるデックを上から掴み(ピドルグリップ)、
その流れの中でパームしてしまいます。
ワンハンドトップパームのオリジナル版。


Short Card
ショートカードの扱い方を解説。
また、ショートカード加工に関しても触れています。


Deck Switch
ポケットを使って行うデック・スイッチのアイデアを解説。




【EXTRAS】

インタビュー4
氏は、頻繁にスタンディングオーベーションを受けており
その秘密もこの中で語っていますし、
世界を旅する中でのエピソードに関してや
マジックキャッスルに関する質問などが収録されています。
また、よりプライベートな内容やDISC 1 に収録の
Contrapunto (ショートフィルム)に関するエピソードも
この中で利くことができます。
さらにタマリッツやアスカオの話題もあり、
スペインのマジック界の成長に関しても触れています。
このインタビュー 4 も、ボリューム満点の内容で
きっと最後までお楽しみいただけることでしょう。
ちなみに、このインタビューの最後に、
見ている方へのメッセージが収録されています。
非常に重みがあります。ぜひこのメッセージを
受け止めてください。

 



TV Archive
テレビ出演の時の貴重映像。
DISC 1, 2, 3, 4 と順に見てから
この映像を見ると、少しですが若く感じます。
1996年、1994年、2001年の映像です。


Credits
クレジット。




<内容品>

DVD4巻 -収録時間7時間57分-
(日本語、英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語の字幕対応)

※日本語字幕ですが、海外編集のため、ところどころ
 文字が抜けていたり、改行が不自然な部分がございます。
 なお内容理解には差し支えありません。

日本字幕DVDで定価21800円の商品です。

中古価格は10000円です。

メディアとパッケージは綺麗な状態です。

中古のため1点限り、次回入荷も未定です。ご了承ください。

<ほぼ新品>片腕のマジシャン、日本語字幕でじっくり「MAESTRO」

販売価格: 10,000円(税込)
[在庫数 1点]
希望小売価格: 21,800円
数量: